噂の心斎橋合コン・パーティー情報サイト「カキツバタ」

*

彼氏ができたら読んでおくべき”浮気防止”記事まとめ

   


彼女持ち男性が“彼女ではなくあなた”を選んでもらい、幸せになりませんか?

今でも忘れられない彼氏がいる。彼氏の彼女から、彼氏を奪いたい。


今回は、彼氏ができたら読んでおくべき”浮気防止”記事をまとめです。

合コンやパーティーで、素敵な男性、もしくは女性と出会い、話し合っているうちに、彼氏・彼女ができたしまった方も多いのではないでしょうか。

せっかく出会った素敵な異性に、もし浮気をされてしまったショックは大きいです。

なので、素敵な異性に浮気されない方法を紹介している記事をまとめてみました。

 

愛情ホルモンを活性化させる

そこで注目したいのが“オキシトシン”というホルモン。子宮収縮薬や妊娠促進剤として使われるものですが、“男性の浮気を防ぐにはオキシトシンが有効”だということがドイツのボン大学の研究で判明したのです。

http://www.men-joy.jp/archives/77844

 

コメント:オキシトシンというホルモンが、浮気を防ぐには有効であると言われているそうです。

 

オキシトシンとは?

 

オキシトシン (Oxytocin, OXT, OT) は視床下部の室傍核と視索上核の神経分泌細胞で合成され、下垂体後葉から分泌されるホルモンであり、9個のアミノ酸からなるペプチドホルモンである

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%B3

 

コメント:ウィキペディアによると、オキシトシンというホルモンは、浮気防止だけではなく、闘争欲や遁走欲、恐怖心を減少させる効果があるとのことです。また、自閉症患者を治療する際に用いると改善が見られるとのこと。

 

男性用の香水でも使用されている!

 

コメント:Amazonや楽天などのショッピングサイトでは、 オキシトシンが配合されている男性用の香水が販売されています。浮気防止だけではなく、好きな女性を虜にさせたい場合に、この香水を付けることで、貴方にメロメロになるかもしれません。

男性用の商品ですが、大好きな彼氏をいつまでも振り向かせていたいという女性にも必見のアイテムです。

 

オキシトシンを多く含む食品はあるのか?

 

オキシトシンを経口摂取しても腸管での吸収はまず見込めません。 食品からの摂取はおおよそ無効と考えられます。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1339927233

 

オキシトシンは子宮収縮と射乳にかかわるホルモンで,医学目的には子宮収縮目的に使い,筋注もしくは点滴静注で使います。
ペプチドホルモンなので,経口では無効ですけど,点鼻では不確実だけど吸収されるでしょう。

http://okwave.jp/qa/q5849206.html

 

コメント:オキシトシンは、食べ物から摂取する(口から摂取する)ことは、無効です。

 

美味しいものを作る!

昔から男性の心をつかむ為にはまず胃袋をつかむと言われていますが、これは実際本当に浮気予防になるのです。

http://life-pl.com/uwakiboushi7-225

 

コメント:毎日美味しい料理を作ってくれると、外食を控えて、まっすぐ家に帰ってきてくれて、浮気防止にはなりますね。超一流にはかなわないかもしれませんが、愛情がこもって美味しい料理であれば、「自分のために、作ってくれたんだね」と、相手は感じ取ってくれるものではないでしょうか。

また、好きな子に作った美味しい料理であれば、1度食べると、「あの味が忘れられないから、また食べたい」となり、良い感じの恋愛に発展する可能性はあります。

 

ここで知っておくと良いのが「ランチョン・テクニック」です。 これは、何かを食べたり、飲んだりしながら相手を説得する方法です。

http://www.kaisernetwork.biz/2008/02/post_26.html

 

コメント:美味しい料理を食べに行ったり、作ってあげると、満腹中枢を刺激して、幸せであると感じます。「早く帰ってきてね」といった感じに、男性に伝えます。そうすると、心理的な効果が働いて、外の誘惑に負けずに、まっすぐに家に帰ってきてくれるのではないでしょうか。

 

セックスレスを無くす

 離婚原因の第一は性格の不一致より性の不一致と言われています。

http://life-pl.com/uwakiboushi7-225

 

コメント:離婚の原因は、性格の不一致よりも性の不一致の方が多いとのことです。女性の方から、求めているという雰囲気を予め作っておくことが必要ではないかと思います。

 

世界の中で、セックスの回数が最低なのが”日本”

 ある調査会社のデータによると、世界各国のセックスの年間平均回数は、3位に143回でロシアやポーランド、2位にブラジルの145回、1位がギリシャの164回となっています。日本はというと48回で最低のランキング。

http://uwaki.tyo-sa.net/danzyo644

 

コメント:世界の中で、日本が最もセックスの回数が少ないとのことです。これは不況もあり、共働きをする家庭やカップルが増えているのが原因ではないかと思います。

 

セックスを楽しむための方法

雰囲気が大事なので、ラブホテルを利用してみる

いつもは彼氏の家で、普段とは違った雰囲気を味わって、セックスを楽しむのも良いです。

 

【大阪でオススメのラブホテル】

 

・タワーズホテル(Tower’s Hotel)(大阪府大阪市都島区)

http://www.love-hotels.jp/osaka/4992

http://ameblo.jp/wahahahaha-allhappydays/entry-11775672997.html

 

コメント:大阪市都島区のタワーズホテルには、「大阪浣腸線(おおさかかんちょうせん)」という電車でSMプレイができる部屋があります。いつものマンネリしたセックスを楽しく演出してくれます。

 

・ファインガーデン梅田(大阪府大阪市北区)

http://www.hotel-fine.co.jp/

http://www.hotel-fine.co.jp/hotel/g-umeda/

 

コメント:ホテルファインガーデンは、内装も綺麗で、朝食も美味しいです。ラブホテルなのに、女子会プランや誕生日会もできちゃいます。

 

セックスの教科書を読んで、勉強してみる

レッスンブックを読んで、どうやったら相手を欲求を満たして満足させることができるのか、勉強してみることも大切です。

恥ずかしい方もいると思いますが、毎回同じようなプレイにマンネリ化している彼氏を満足させるため、また今後一生つきそう方に、快楽を与えて、なおかつ自分も満足できるようにしておいた方が良いです。

 

 

セクシーなランジェリーやコスプレを利用してみる

毎回同じプレイでマンネリ化している彼氏を満足させるために、普段とは違う衣装を着てプレイしてみるのも良いです。

 

 

コメント:学生の頃に戻った気分で、プレイを楽しめます。学生時代に恋愛の経験のない方も、「1度こんなプレイをしてみたかった」と感じられることは多いと思います。

 

 

コメント:「OLの服装を着させて、職場・オフィスでプレイしてみたい」と考えている男性の方も多いと思います。普段は絶対できないからこそ、彼氏とともに、楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

コメント:セクシーランジェリーで、普段の夜とは違う演出をしてみてはどうでしょうか。彼氏も、こんなセクシーなランジェリーを着てプレイを楽しめるなら、浮気はできないのではないかと思います。貴方にメロメロです。

 

浮気防止アプリを使ってみる

iPhone、Androidでは、現在様々なアプリが登場しています。そんな様々出ているアプリの中に浮気を防止させるアプリもあります。

 

カップル覚書

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ms.coupleobserver&hl=ja

https://itunes.apple.com/jp/app/kappuru-jue-shu/id488074622?mt=8

 

コメント:カップル覚書を使うことで、お互いの現在位置を表示させることができます。

彼氏が今どこにいるのか、心配な方にも重宝するかもしれません。現在位置を表示させる以外に、チャット機能・アラーム機能などがあります。

 

恋人アラーム(=´∀`)人(´∀`=)

https://itunes.apple.com/jp/app/id494548483?mt=8

 

コメント:恋人アラームを使うことで、好きな人と 次に会えるまでの時間を表示することができます。設定しておくことで、他の異性からの誘いも断る効果が期待できるのではないでしょうか。

 

 

 - 彼氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

関連記事はありませんでした